バラの花束がプレゼントに喜ばれる理由

バラ 花束

何かの記念のプレゼントとしてバラの花束を贈ったりするというのは、自分が贈ったことはなかったとしても身近な行為の一つと言えるでしょう。ではなぜプレゼントにバラが選ばれているのかまで知っている人はあまり多くいません。なぜバラをプレゼントとして贈るのかというと、一番大きな理由としてバラの花言葉があげられます。バラは花弁の色や本数によって花言葉があり、非常に多くがポジティブな花言葉を持っていることでプレゼントとして向いているのです。また、一つの色の花弁であっても持っている花言葉というのは複数個ある場合もあるので、まずはどんな花言葉を持っているのか知っておきましょう。そのうえで贈る相手のことを考えて良い花言葉のものを選び、記念やお祝いのプレゼントとして活用すると良いのです。

バラの花の色によって変わる花言葉

バラの花束の色と言えば、真っ先に思い浮かぶのは赤色のバラでしょう。その花言葉は多くの方が知っているように「情熱」という意味を持つことから、「あなたを愛します」のようにプロポーズの場面で贈られることが一般的な知識となっています。しかし、バラというのは品種改良がおこなわれていて、さまざまな色の花弁があります。その花弁の色ごとに花言葉も変わっていて、ピンク色ならば「しとやか」「温かい心」、黄色には「友情」や「可憐」、オレンジには「信頼」や「健やか」、白には「無邪気」や「素朴」、青には「奇跡」や「神秘的」などの花言葉があります。これらはあくまでも花言葉の一つで、実際にはもっと多くの花言葉が込められているので、一度詳細について調べてみるのも良いでしょう。さらに品種改良は現在も行われているので、新しい色が出た場合はチェックしておきましょう。

本数によっても意味が変わることが需要

バラの花束を相手にプレゼントするとき、本数を意識してみるのも一つの仕掛けとなって面白いでしょう。あまり本数まで意識して選ぶことは少ないでしょうが、ポジティブな意味からネガティブな意味までさまざまなものがあります。すべてにおいて意味があるわけではありませんが、1本なら「一目ぼれ」、99本なら「永遠の愛」など本数が持つ意味というのは想いを伝えるうえで粋な計らいを出してくれます。そのため、プロポーズにおいては大輪のバラが用意されることが多く、意図して本数を調整しているという方も珍しくありません。バラの花束を贈る側、受け取る側どちらの立場であっても本数については意識して数えてみると良いでしょう。ただの花だと軽視しないで、その花束に込められた想いを受け取ることが重要なことになっています。

市場仕入れでも産地直送でもない、フラワーズ・ドゥのオリジナルです。 産地密着ならではの胡蝶蘭の仕入れ、厳選した商品を、ラッピングしてお届けしています。 常によい品質のものを仕入れることが可能です。 社員の福利厚生、チェーン店の開店祝い、大規模施設などのスタンド花など、様々な用途でのご注文に対応しています。 バラの花束をお探しならFlowers-Do!