バラの花束の色とその意味について

バラ 花束

バラの花言葉は、色、本数はもちろんのこと、花の状態、組み合わせによって変わったり、つぼみ、葉、トゲ、茎にまで意味があります。ネガティブな内容のものもありますので、その点は注意したいところです。しかし、よほど花に詳しい人に花束を贈る際には注意が必要ですが、それほど花言葉に神経質になる必要もないかもしれません。花言葉を考えて贈っても意図が伝わらないことがありますので、贈る際に花言葉をお伝えするのが良いでしょう。贈られた側もいっそう喜ばれることでしょう。赤いバラの花束はプロポーズの鉄板です。赤いバラは、「愛情、情熱、美」を表し、101本の花束は「これ以上ないほど愛している」という意味があります。ご自分の伝えたい気持ちを花束に表して伝えることができたら素敵でしょう。

バラの花束の魅力をご紹介します。

バラの花束の魅力とは何でしょう。バラの美しい見た目と甘く奥深い香りは古代から人々をひきつけてやみません。クレオパトラやローマ帝国のネロはバラ好きで有名です。高価なバラの香料をふんだんに使ってバラ風呂にしたり、部屋をバラであふれさせていたようです。ロマンチックですね。バラの花束は何といってもインパクトがあります。全て同じ色のバラで花束を作るとかなりインパクトがありますね。また色の違うバラを組み合わせても花一つ一つの表情や瑞々しさが引き出されて、色合いが見た目にも楽しいです。花束と言うのは家に持ち帰ってから花瓶などに生けなおしますから、一つの種類の花だけですと管理しやすいです。また、ドライフラワーにして長く楽しむこともできます。ドライフラワーにするとかおりも長持ちしますし贅沢です。

記念日にピッタリのバラの花束を紹介します。

記念日に贈るのにピッタリなバラの花束をご紹介します。単色で贈る場合にはお好きな色をチョイスするのが良いでしょう。女性に贈る場合には、赤、ピンク、白のバラの花束が豪華で素敵です。男性に贈る場合には青いバラの花束はいかがでしょうか。青いバラの花ことばは「夢かなう、神の祝福」など素敵なものばかりですし、神秘的でクールで男性にも喜ばれます。単色のバラの花束も素敵ですが、かわいらしくアレンジされたバラの花束もオススメです。赤いバラと白いバラの組み合わせはお互いの色を引き立て合って素敵ですよ。花束を購入したい時は、お店に予約しておくといいです。特にバラの花だけの花束を作ろうと思うとお店にお花が足りないことがありますので、事前に電話で予約をするか、直接お店に足を運んでどんな花束をいつほしいか打ち合わせておくと素敵な花束ができあがります。